ニキビと言えども皮膚のトラブルの一つ

ニキビと言えども皮膚のトラブルの一つ

ニキビと言えども皮膚のトラブルの一つです。
ニキビぐらいで皮膚科を受診するのも、と少々迷いがちですが、皮膚科で診てもらうと早期に治癒しますし、ニキビ跡が残ることも少ないです。

 

 

その上、自分でドラッグストアなどでニキビ薬を手に入れるよりも安く治せます。
皮脂腺の炎症を防ぐために、私は毎朝、果物を食べるようにしています。
その時期の旬のフルーツを欠かさずに摂取しています。

 

 

 

果物を食べるようになってから、肌を褒められる機会が多くなり、生理前でも、最近は吹き出物が発生しなくなりました。便の通じが良くなったことも、ニキビができなくなった原因の一つと考えられるかもしれません。

 

なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥があげられます。
ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?と不思議に思う人も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、毛穴が余分の油脂のせいで詰まるのも原因のひとつなのは事実ですが、そう思って過剰に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌が乾燥してきて、それがニキビができる元凶となってしまいます。吹き出物が出来てしまうとひどく憂鬱になってしまいます。

 

でも、実はお肌の調子って内臓の調子と結びついているらしいので、腸内の環境を良くしたら、結構きれいに消えてなくなります。